フィナロイドのおかげで経済的不安から開放されました

まだ、20代なので禿げとは無縁だと思っていました。

しかし、両親は禿げてはいないのですが、祖父が禿げています。
聞くと若い頃から禿げていたと聞きぞっとしました。

それはもしかして自分も若禿げになるかもしれないと思ったからです。

予感は的中してしまい、最近は生え際の両サイドが少しずつですが後退し、M型薄毛のAGAの仲間入りをしてしまったのです。

最初は仕事からのストレスや、外食やコンビニの弁当などの食生活の乱れ、睡眠不足から禿げ出したのかと思いましたが祖父の事を聞いてからは遺伝だと半分諦めていました。

しかし、だんだんと進行してきたので慌ててしまい、脱毛の原因物質であるDHTを抑制作用が期待される成分が配合されている育毛剤や育毛シャンプーを購入し対策を始めました。

食生活もAGAに効果がある亜鉛を多く含む牡蠣、レバー、牛肉、卵黄、ごまを、大豆イソフラボンを多く含んでいる豆腐などの大豆製品を意識的に食事に取り入れるようにしました。

また、ノコギリヤシは食事から摂取することが出来ないのでサプリを利用しました。

しかし、自炊というのは難しいので食事で摂れない時は亜鉛や大豆イソフラボンを含むサプリを利用し出来るだけ体質改善に努めました。

しかし自己流なのか、なかなか期待するような効果が得られません。

友人から悩まずに専門のサロンか皮膚科の専門医に相談したほうがいいとアドバイスを受け、少し気恥ずかしい感じがしたのですが思い切って相談しに行きました。

AGA治療としては外科的治療法として植毛、外用療法として薬剤を塗る、内服療法として薬剤の服用があります。

他に東洋医学としてマッサージ、指圧、針、灸によって脳と中枢神経を刺激し活性化する事で自然治癒力を高める方法などがあります。

私は内服療法で改善したいと思いその事を医師に相談しました。

AGA治療薬といて代表的なものがプロペシア、フィンペシア、ファイザーなどのフィナステリド錠やミノキシジルがあります。

私はM型薄毛のタイプなので、M型薄毛に効果があるとされるフィナステリドを主成分としたプロペシアが良いのではないかという事でした。

プロペシアはDHTを抑制する働きがあり、発毛サイクルを正常にしてくれる内服薬です。

医師に相談する事で、精神的に安定してきましたし、髪が細くなってきていたのもコシを感じられるようになりました。不安も解消され自分に合った薬を処方されもっと早く勇気を出して相談に行けばよかったと思いました。

だた、AGA治療は保険適用外なので治療費が高く付いてしまうのが悩みだったのですが、プロペシアと同一成分で同一効果を期待できるフィナロイドというジェネリック医薬品の存在を知って悩みは解消されました。

このフィナロイドは、インターネット通販で処方箋なしに買えるので忙しい私にはとてもありがたいし、値段もかなりリーズナブルなのでとても継続しやすいです。

多くの方が愛用していてプロペシアと何ら変わらない効果を実感しているようなので私も安心して購入することが出来ました。

参考サイト⇒フィナロイドの効果と口コミまとめ

とはいえ薬に頼るだけでなく、生活習慣や食生活の見直し、規則正しい生活、バランスのとれた食事を取るなどを心がけ早くこの悩みから解放されたいです。