体質によってAGAになりやすい人もいる?

薄毛は体質にも影響するので全ての男性が薄毛になるわけでは無いですし、年をとっても髪がフサフサな中高年は多くいます。
しかしAGAという症状は若い方でも悩んでいる方は沢山いるので、もし薄毛を改善したいと思っているなら髪が薄くなる理由を把握しておきましょう。
まずAGAを発症する原因の一つに男性ホルモンの影響があります。
男性ホルモンは男性特有のホルモンではなく、もちろん女性でも男性ホルモンは分泌されます。
男性ホルモンは筋肉を成長させたり、また男らしい体を作るホルモンですが、酵素である5αリダクターゼと結びつくとジヒドロテストステロンが生成されます。
このジヒドロテストステロンは男性ホルモンより強い作用があり、ジヒドロテストステロンが増える事によりヘアサイクルが乱れてしまいます。
ジヒドロテストステロンの影響を受けると薄毛になりますが、これは遺伝によって影響しやすいと言われています。
もし父親や祖父が薄毛だとAGAを発症する可能性が極めて高いですが、そんなAGAを発症しやすい体質の方は治療を始めましょう。
今は高度な治療方法があるので、治療を始めると薄毛の進行を抑制出来ます。
髪がこれから薄くなるかもしれない方が早期に始めれば現在の毛量をキープできるので、早めにやっておいて損はありません。
ちなみに現在のAGA治療は医薬品の服用や育毛剤の塗布が一般的であり、これにより発毛効果に期待出来ます。
若者でも抜け毛が多くなったり、また髪にコシが無くなったと変化を感じる方がいると思いますが、そんな方は早期治療を検討しましょう。
ただ、医薬品を服用する事に抵抗を感じる男性もいますが、そんな時は育毛効果が期待できるサプリメントや、市販で売られている育毛剤を試してみましょう。
その他にも頭皮クレンジングや頭皮マッサージも髪に良いので継続して行ってください。
もちろん薄毛になりやすい体質の方は食事を見直す事も大切なので、薄毛にならない為に食事を改善しましょう。