男性に多く見られるAGAの特徴とは

薄毛にもいろいろなタイプがありますが、男性型脱毛症であるAGAは男性に最も多く見られるタイプの薄毛です。

現在、日本人男性の5人から6人に1人が薄毛に悩んでいるといわれていますが、その多くがAGAということになります。

このタイプの薄毛が他の薄毛のタイプと異なるのは、男性ホルモンが薄毛の原因になっているという点です。

髪の毛は毛乳頭細胞が細胞分裂することで成長しますが、男性ホルモンが5αリダクターゼと結合することによって作られるジヒドロテストステロンが体内に増えてしまうと毛乳頭細胞の働きが阻害されてしまい、新しい髪の毛が作られなくなってしまったり、今生えている髪の毛が抜け落ちてしまうといった症状が出ます。

自分がAGAなのかどうか確かめたいという場合、一番確実なのは育毛専門のクリニックで検査を受ける方法です。

男性型脱毛症は遺伝的な要因が大きいので血液検査によって遺伝子を調べることで自分の薄毛のタイプを知ることが可能です。

また、最近では遺伝子検査のキットが販売されていますので、そういった検査器具を購入することで自宅でもある程度正確に薄毛のタイプを知ることができます。

また、ハゲ具合から自分の薄毛のタイプを予測することも可能です。
AGAの症状の特徴として、額の生え際や頭頂部から髪の毛が薄くなるということがあります。

額が後退してきたと感じたり、頭頂部が薄くなってきたと感じたら、男性型の脱毛症と判断することができます。

AGAは進行性の薄毛なので、抜け毛が目立つようになってきたらすぐにでも対策を行うことが重要になります。

早めの対策によって抜け毛を止めることができますし、産毛が残っている状態ならば再び髪の毛を復活させることも可能です。

有効な対策としては、やはり専門クリニックで診てもらうのが一番です。

医師の処方箋があれば治療用の医薬品を使用することができるので、かなりの効果を期待することができます。

いきなり病院に行くのは抵抗があるという人は育毛剤やサプリメントを使用するという方法もありますが、医薬品と違って誰にでも確実に効果が出るというものではないので注意が必要です。

また、インターネットを使えば個人でもフィナロイドやミノキシジルタブレットといった医薬品を購入することは出来ますが、まずは専門クリニックによる無料カウンセリングだけでも受けてみることを強くお勧めします。